[blog-日々のこと] Raspberry PiへのQt Creatorのインストール

こんにちは

手元にあるRaspberry Pi 3 B+ですがRaspberry Piを使ったいろんなテストに使用しています。

今回はRaspberry Pi上でQtを使うための準備です。

私の場合はRaspberry Piに2019-0408-rasberian-strechをインストールしました。

単にインストールしただけではqmakeなど使えませんでした。

qmake : could not exec ‘/usr/lib/arm-linux-gnueabifh/qt4/bin/qmakie’:No such file or directory

 それを知らなかったために後で大変な目にあってしまいました。 それは別の機会に。

Python3.6のインストール

ということでまず最初にPython3.6.6をインストールしておきます。とくにバージョンは気にしていませんがPython3.6以上が必要だったので、これにしました

これは

Raspberry Pi(Raspbian)Python3インストール

を参考にさせていただきました。

なおwget先は $ /home/pi で自分のホームページにして置きました。とくに意味はありません。makeに15minほどかかります。インストール先は/usr/localになります。

$ sudo reboot

をすると python3 -V  で python 3.6.6.となります。

pipも記事にしたがってバージョンアップしたのでpip 19.1.1 (python 3.6)になったようです。

PyQt5のインストール

ということで早速以下のサイトにしたがって、ついでにPyQt5もインストールしてしまいます。

PyQt5をRaspberry Pi「stretch」にインストール

指示にしたがって初めにQt5をインストールします。

sipとPyQt5をインストールする必要があるようすが、これらのファイルは、記事の下のほうに

PyQt5_gpl-5.10.1  / sip-4.19.8

と書いてあるところから入手します。

公開された多くの情報から

Raspberyy PiにPython 3.6.6.、Qt 5.7.1、PyQt5 5.10.1 をインストールすることができました。本当に感謝です。

なおRaspberry Piの場合ソースからのmakeによるインストールが殆どのため多くの時間が必要になります。

コメント