[blog-日々のこと] rtklibのその後

こんにちは 以前から気になっていたrtklibですが面白いことがわかりました。といっても私だけの問題かもかもしれません。

環境は Windows10 Pro 自作のディスクトップ

既に「[blog-日々のこと] rtklib 2.4.3 b31について」の中でなかなかFix解が得られないということについて少しだけ書きました。 今回はそのあとの話です。

昨日久しぶりに5つのアンテナ(2つはテストベンチに設置)の位置の測量(やっぱり測定がいいな)を行いました。 

最近2つのアンテナ(中国製)のレベルが異常に変動し始めて(接触不良かもしれませんが調査していません)使えなくなりました。1年使えたかな?

ということで最終的には結局3つのアンテナの位置測定ということになりました。

u-center 19.1を使用しました。 電子基準点は4kmほど先にあります。

定期的に測っていて、結構風などでアンテナが動いていることがわかります。 ちゃんと固定したいのですが、地上高10m以上もあると動いてしまうみたいです。

1時間ほどのデータを4回取得。このデータを使って以下のことを行いました。

開発版 rtklib 2.4.3 b31 

rtklib 2.4.3 b31にあるrtlconv.exe とrtkpost.exeを使って電子基準点から自宅のアンテナまでの解析。

3月29日 再測してみました。

その結果どうもxxxx.obsのファイルが作られないようです。 xxxxx.navはあるのですが。

とういうことで下記のことは

setting1 -> positioning Mode -> Kinematic では Fix解はほとんど得られませんでした。

setting1 -> positioning Mode -> Static  ではFix解は得られませんでした

なおrtknavi.exeではFix解はほとんど得られませんでした。まれに得られるのですが安定しません。

demob31

demob31にあるrtkconvとrtkpostを使って電子基準点から自宅のアンテナの解析

3月29日再測をおこなってみました。

得られた結果は

KinematicもStatic ModeもFix解がえられました。

両者(rtknavi,rtkpost)ともにFix解がえられました。

Kinematic ModeとStatic Modeを表示してみました。あまり動いていないのがStatic Modeで得られたFix解です。さすがStatic Modeですね。1時間のデータです。

安定版 rtklib 2.4.2 b13

ということで安定版 rtklib 2.4.2 b13を使ってみました。

これはどれも問題なくFix解が直ぐに得られました。

やっぱり普通は安定板を使ってデータを解析するのが良いようです。

コメント

  1. JR2QVA より:

    初めまして。
    私も、CSG ShopのNEO-M8TでRTKを始めたのですが
    アンテナをGN-GGB0710に替えて、受信レベルが
    かなり上がったにも関わらず、FIXしない現象で
    悩んでいました。このblogを参考にさせて頂き
    RTKLIB 2.4.3 b31をdemo5 b31を変更したところ
    問題無くFIXし続けることを確認しました。
    ようやくこれで、次の段階へ進めます。
    本当にありがとうございました。これからも
    よろしくお願いいたします。

    • moon 管理人 より:

      まだ解決には至っていませんが、悩んで得た情報が役に立ったことに嬉しく思っています。
      これからも宜しくお願いします。