[GNSSに興味] raspberry Piでstr2strを動かす

 

Raspberry Piでstr2strを起動時に動かす方法について調べてみました。

str2strって?

私自身よく理解はしていないのですが、GNSSを使ったRTK測位で、基準局のデータなどを配信する場合に使うもののようです。別に基準局でもなく移動局のデータでも構いません。つまりこれを使うことでRTK測位用のデータをIP配信することが出来るということです。

Raspiで2つのデータを配信するための設定方法です。

systemdで起動するために

str2str2.serviceとstr2str3.serviceという2つのファイルを作り

 

/lib/systemd/system/

にコピーします。

2つのserviceの中は以下のようになっています。

str2str2.service 

 

[Unit]
Description=str2str2

 

[Service]

Type=simple

ExecStart=/home/pi/str2str2.sh

Restart=Always

 

[Install]

WantedBy=multi-user.target

 

str2str3.service 

 

 

[Unit]

Description=str2str2

 

[Service]

Type=simple

ExecStart=/home/pi/str2str3.sh

Restart=Always

 

[Install]

WantedBy=multi-user.target

ホーム(/home/pi)に作ったスクリプトは簡単ですが

str2str2.sh とstr2str3.sh です。

str2str2.sh

 

#!/bin/sh


/home/pi/myRTKLIB/RTKLIB/app/str2str/gcc/str2str -in serial://ttyACM0:115200#ubx -out tcpsvr://localhost:52001

 

str2str3.sh

 

#!/bin/sh

 

/home/pi/myRTKLIB/RTKLIB/app/str2str/gcc/str2str -in serial://ttyACM1:115200#ubx -out tcpsvr://localhost:52002

なお & を付けると起動できませんでした。ここら辺は、Linuxの素人なのでよく理解していません。 

str2str2.serviceとstr2str3.serviceの起動の仕方

 

$ sudo systemctl start str2str2.serrvice

$ sudo systemctl start str2str3.service

$ sudo systemctl enable str2str2.service

$ sudo systemctl enable str2str3.service

 

停止とdisable

 

 

$ sudo systemctl stop str2str2.service

$ sudo systemctl stop str2str3.service

$ sudo systemctl disable str2str2.service

$ sudo systemctl disable str2str3.service

 

これで、Raspiを立ち上げると自動的にstr2strが起動して配信を行います。どこかに間違いがあるかもしれませんが、一応動いているのでよしとします。

これでRaspberry Piの初期のものを全てサーバ用として使い切ってしまいました。 次は、Raspberry Pi 3に進もうかな。

コメント