[Raspberry Pi] Archlinuxの初期設定

こんにちは

この記事は設定をよく忘れる私自身のための健忘録です。

Raspberry Piに導入したArchlinuxの初期設定について紹介したいと思います。

なおこれは、私がいつも忘れてしまうための「健忘録」でもあります。

初期設定

タイムゾーンの設定(日時の設定)

# timedatectl set-timezone Asia/Tokyo

 

コンソールでのキーボードの設定

コンソールで使用するキーボードを設定するには

$ sudo nano /etc/vconsole.conf

KEYMAP=jp106

を追加します。

言語設定

# nano /etc/locale.gen

#ja_JP.UTF-8 UTF-8  —>  ja_JP.UTF-8 UTF-8

#en_US.UTF-8 UTF-8 —> en_US.UTF-8 UTF-8

として「#」を消去します。

 

$ sudo localectl set-locale LANG=”ja_JP.UTF-8″

$ localectl status
System Locale: LANG=ja_JP.UTF-8
VC Keymap: jp106
X11 Layout: n/a

パッケージのアップデート

# pacman -Sy

# pacman -Syu

ダウングレードしたので注意

開発環境のインストール

# pacman -S git

# pacman -S –needed base-devel

sudoの設定

# visudo

Defaults env_keep += “LANG LANGUAGE LINGUAS LC_* _XKB_CHARSET”  #コメントを解除

  • %wheel ALL=(ALL) NOPASSWD:ALL #コメントを削除

viの使い方

viの使い方を直ぐに忘れてしまいます。

最小限これだけ知っていれば編集作業は行えます。

必要最小限のものだけを示します。

 

起動直後は 「コマンドモード」

「編集モード」に入るには「i」でカーソルの位置から挿入

「コマンドモード」に入るには「Esc」

 

カーソルキーの移動

  • 変更キー

 

x :1文字削除

dd :1行削除

 

「コマンドモード」で 終了キー

 

  • :q セーブせずに終了
  • :q! 変更した行もセーブせずに終了

 

 

  • :w セーブするが終了しない
  • :wq セーブして終了

 

 

まだまだ沢山ありますが、これは必要最小限です。

少しづつ追加していく予定です。

 

特にSSH周りは公開鍵認証を使う方向にした方がいいと思います。

 

コメント